一級機械製図士が教える簡単にわかりやすい図面を描く方法 CAD偏

どうして、高卒、しかも普通科高校卒の私が、一発で一級機械製図国家検定試験に合格できたのでしょうか?製図の基本的な勉強はしなければいけませんが、作図には、ちょっとしたコツがあります。

現在は、製図と云えばCADが一般的です。作図自体は手描きで描くよりも数倍速いでしょう。しかし実際には、モニタの前で腕組みして固まっている時間が多い初心者が多くいます。そんな人の為に、作図のコツを、現在主流のCAD編としてまとめました。 モニタの前で固まらないコツなんて、そんなに多くはないのです。CADでサクサク機械図面を描けるようになりましょう。

そもそも機械図面とは、描いた人の意思が、読む人(現場の製作者)に正しく伝わる物でなければいけません。製造現場においては,機械図面を中心にして全てが動いているといっても過言ではありません。つまり、一番大切なことは、「わかりやすいこと」 です。わかりにくい機械図面は、間違いや不具合の元です。「わかりやすい」 機械図面であることが大前提です!さて「機械図面が描けない2つの原因」とは一体なんでしょうか?それは、・・・・・・・・・・・

詳しくは、こちらから



posted by toshi at 22:21 | ノウハウ・グッズ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。