予備校講師の田原による 「物理Web講座」

本来、とても面白くて、楽しくて、美しい物理の、両方の翼をもいで、似ても似つかぬものにしてしまってから、「これが物理です」といって教えているのが「高校物理」です。

そんなつまらないものは、僕だってキライです。

物理は、自然界の仕組みを明らかにしてくものです。

そこには、見事な体系が存在していて、その体系のおかげで、自然が理解可能であるという事実に感動するのです。

「高校物理」の罪深さは、本来、物理を好きになるような人ほど、「高校物理」をキライになってしまうところです。

物理を好きになるような人は、ものの仕組みに深い興味を抱く人です。

一見、全く別のものに見えるようなものが、実は、その根底には、共通の原理が横たわっていて、実は同じものなんだ!と言われたりすると、ワクワクするような人です。

この文章をここまで読んでくださっているあなたも、そうではありませんか?

詳しくは、こちら



posted by toshi at 15:08 | 趣味・教養・癒し
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。