衛生管理者合格指導講座

衛生管理者合格指導講座
衛生管理者とは



衛生管理者とは安全で、健康的な職場環境をつくる専門家として、多くの企業から必要とされている人材です。


■将来的に有利な資格!労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員を使用している事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。

しかし実際には有資格者の絶対数が不足していることもあり、未選任の企業が多いという実情があります。

企業の総務・人事部門などを中心に大いに活躍でき、将来的にもたいへん有利な資格です。

■衛生管理者の5大メリット
● 昇進・昇給につながる!
総務・労務部門のスペシャリストとして大活躍!資格手当も期待できます。
● 管理職への道が開ける!
優れた管理職とは職場環境を従業員の立場から考えられる人。管理職コースを目指す人にもオススメです。
● 転職・再就職が有利!
社会的ニーズの高い資格なだけに、資格取得者は企業も渇望しています。だから就・転職にも有利です。
● 他資格とも関連する!
社会保険労務士などの資格を取得して独立する際、衛生管理者資格があればメリット大!社会的評価も高まります。
● 定年後対策にもピッタリ!
職場経験豊かな中高年の方が数多く活躍中!資格を持てば、定年後の再就職も有利になります。

■一定の実務経験さえあれば、年齢に関係なく受験できる大卒で1年以上、高卒で3年以上、学歴に関係なく10年以上など、労働衛生に関する一定の実務経験を必要とします。
でも実務経験の証明も意外にカンタン!事業主や上司が証明すればOKです。

■衛生管理者の「第一種免許」と「第二種免許」の違い第一種免許ははすべての業種に対応できますが、第二種免許では、対応できない業種があります。第二種は危険有害業務との関連が比較的薄い業種を対象としています。

■合格の目安衛生管理者免許試験は、定員制ではありません。基準点以上取れば、順位に関わらず誰でも合格できます。
合格ラインは、各科目ごと最低4割、全体で6割以上の正解率で合格できるといわれています。
また、その合格率は「第一種」が40〜45%、「第二種」が約60%と、他の有望国家資格と比較すると非常に高いものです。

■試験対策に役立つ副教材!
資格や試験に関する情報を収録
攻略ガイドビデオ

「衛生管理者とは?」「試験対策は?」「学習の進め方は?」など、学習をはじめるにあたって必要な、資格や試験に関する情報を収録。まずはこのビデオから学習スタートです。

自分の実力をチェックできる
添削課題集・総合模試

独学ではなかなかできない、自分の実力チェックもこれがあれば大丈夫!試験に向けた弱点の把握もバッチリです。

本試験での得点力が着実にアップ
合格問題集

過去既出問題を中心に本試験レベルの練習問題を取り上げており、基本テキストとの並行学習が可能!実践力が向上します。

受験直前対策に役立つ
重要ポイント総まとめ&CD

CDには全テキストにおける超重要ポイントを厳選して収録!持ち運びしやすく、ちょっとした空き時間などでの復習が可能です。

■充実の教材内容!
第一種衛生管理者

標準受講期間: 6ヵ月 添削回数: 8回(模擬試験1回を含む)

【教材】
●テキスト6冊
●合格問題集3冊
●重要ポイント総まとめ
●「超重要ポイントベスト」CD
●攻略ガイドビデオ
●攻略ガイドブック
●添削・質問関係書類一式

第二種衛生管理者

標準受講期間: 4ヵ月 添削回数: 7回(模擬試験1回を含む)

【教材】
●テキスト6冊
●合格問題集3冊
●重要ポイント総まとめ
●「超重要ポイントベスト」CD
●攻略ガイドビデオ
●攻略ガイドブック
●添削・質問関係書類一式


無料案内資料請求・お申込みは↓をクリック。



■新しいこと始めよう!■役立つ資格から楽しい趣味まで、
ユーキャンでは100講座以上をご紹介!【講座案内資料請求無料進呈中】



資料請求可能地域:北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県



posted by toshi at 15:25 | 資格取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。